SLE・ループス腎炎

SLE治療薬、初めてのプラケニル

全身性エリテマトーデス、ループス腎炎で入院27日目のみらくるです。

本日2020年1月14日、初めて、プラケニルというお薬を服用しました。この薬を服用するにあたり、眼科の検診を2回受けました。

視力や眼圧検診だけでなく、色絵本のようなものを見せられ、筆でなぞったり、専用の機械を覗き光を追う検査をしたり。検査時間は1時間ぐらいで、終わる頃には、眼精疲労で目がキリキリしました。笑

これも全て、プラケニルという薬を服用するための準備。

では、プラケニルとは、一体どんな薬なのでしょうか?「医薬品リスク管理計画」という冊子をもとに、自分の忘備録としてこの記事を作成しました。

出典

お医者さんにもらった「医薬品リスク管理計画」

プラケニルとは?

プラケニルは、皮膚エリテマトーデス、全身性エリテマトーデスの治療薬として、世界で広く使われているお薬です。

どんな効果があるの?

皮膚エリテマトーデス患者

・皮膚症状の程度や進行の改善

・QOL(生活の質:「感情」「症状」「機能」)の改善が期待できる。

全身性エリテマトーデス患者

・全身症状及び筋骨格系症状

・筋肉または関節の痛み

・筋関節痛の重症度だるさ改善が期待できる。

服用量

「医薬品リスク管理計画」P,4ページより

副作用① 網膜症

  1. 網膜症の危険がある。
  2. 進行すると「標的黄斑症」という障害になって現れる。
  3. 障害が進むと、失明の可能性あり。(服用を中止しても進行)

副作用② 薬疹と皮膚粘膜眼症候群

  • 国内で101人に1人、薬疹と皮膚粘膜眼症候群が認められた。
  • いつもと違う皮膚症状が出た時は、すぐに相談すること!

服用し忘れた時

  • 2回まとめて1度に服用しないこと!!!
  • 1錠と2錠を1日おきに服用している患者の場合、次に服用する際は服用し忘れた分を服用すること。

服用中の注意点

  1. 低血糖に注意
  2. 低血糖は進行すると意識を失うこともある
  3. 症状が見られたら早めの対処が必要。
  4. まずは糖分の補給をすること、
  5. それでも症状が治らない場合は、医療機関に連絡。

定期的な眼科検診が必要

  • 初期の網膜症は自覚症状がない。
  • 網膜症を早期発見して、障害を最小限にするため。

私は今日、初めてこのプラケニルを飲んだので、どのような効果があるか?そして副作用が出るか気になるところです。

とりあえず目に関しては、網膜症予防として眼科検診。そして、低血糖に気をつけようと思いました。今後、また経過をお伝えしたいと思います。