本と生活術

お金の管理は「財産三分法」

ライフネットの出口治明さんの著書

「働く君に伝えたい「お金」の教養」の中で

手取りでもらったお金を「財布」「投資」「預金」の3つに振り分ける「財産三分法」が紹介されています。

財布

財布は、「日常で使うお金のこと」を指します。

  • 食費、日用品など数日間生活できるくらいの金額
  • 日用品、書籍、趣味に使うお金、病院代、美容院代=生活費
  • 数日間から1種間過ごす中で必要になりそうな金額を財布に入れておくとGOOD!

投資

投資とは、「なくなってもいいお金」を指します。

まずは、投資金額を決めることが大切!

みらくる

手取り20万円と仮定して、この20万円の中から、1万円が何枚なくなっても1ヶ月生きて行けるかを考えてみよう!

  • 恋人へのプレゼント、株、習い事など使い方は自由
  • 英語教室に通った結果、希望の外資系企業に転職してステップアップできるというリターンがあるかもしれない。
  • けれど、英語を使う機会がなく、完全なむだ金になるリスクもあり!

うまくいく保証はないけど、うまく行けばリターンがありそうだぞ!と思えることに投資しよう

財産三分法のセオリー

「どっちに転ぶかわからない」要素が含まれるものは

「なくなっても生活に困らない額」の範囲で使うこと

預金

財布に日常のお金を入れ、投資をしたら、

残ったお金は全て金融機関に「預金」

預金

家賃や携帯料金、光熱費、生命保険などの固定費を引き落とすために使われる。

  • 「財布を補充する」そして「残ったお金を貯める」
  • 必要な時にいつでも現金を引き出せること
みらくる

預金は金利の高い定期預金ではなく、普通預金から始めるのが鉄則!

まとめ

  1. 日常生活で使うお金は「財布」に入れよう!
  2. なくなって良いお金はリターンが見込めそうな「投資」に回そう!
  3. その他のお金は、いつでも引き出せるように「預金」しておこう!