本と生活術

「トランクひとつのモノで暮らす 魔法使いのシンプルライフ」を読んで

「トランクひとつのモノで暮らす 魔法使いのシンプルライフ」著者/エリサ

2時間ほどですぐに読めてしまいました。

読んで感じたことは、

なんて女性らしくしなやかに

賢く生きるお方なんでしょう!

上品、賢く、清潔

この三拍子がとても似合うお方だと思いました。

ミニマリストになる!と意気込むと

お洒落も遊び心も無駄だと

判別してしまう考え方が自分を支配する時が

あります。

著者のエリサさんの場合は

少数精鋭のお気に入りのものたちで

思いっきりおしゃれを楽しむ。

そんな印象を受けました。

私自身もミニマリストに憧れて

物を極限まで減らそうと現在進行中ですが

ふとした瞬間に、

人間の遊び心や無駄の美。のような感覚を

かなぐり捨ててしまっている自分に気がつく時があります。

以前ペルシャ絨毯を見たら

エキゾチックな模様に心躍り

作り上げた職人さんの技術に感嘆し

遠い国のまだ見ぬペルシャという国に

思いを馳せていました。

(いったいペルシャはどこにあるんだ…)

ですが、ミニマリストかぶれになってからは

絨毯をみると

うわっ掃除の邪魔。ルンバ通れないじゃん。

(ルンバ不保持ですが、

ルンバを持つイメトレは完璧)

汚したら洗えないし、ダニとか大丈夫?

絨毯重いし、移動大変だな。

と、以前のワクワクした感覚は

どこかへ行ってしまいました。

ミニマリストには

・掛けない・置かない・敷かない

の三大原則があります。

それは分かっているのですが

遠いペルシャに思いを馳せていた自分自身を

懐かしむ気持ちもどこかにあります。

そんな揺れ動く気持ちに、

ミニマリストでも

遊び心を大切にしていいんだよ。

そう語りかけてくれるような、

貴重な一冊だと思いました。

「トランクひとつのモノで暮らす 魔法使いのシンプルライフ」

エリサ

定価: ¥ 1,320

#エリサ #本 #BOOK #住まい #暮らし #子育て

人気ミニマリストブロガーのエリサが綴るシンプルライフを楽しむヒント集。モノを手放せば、自分の生き方がくっきり見えてくる!

ABOUT ME
みらくるみらい
多摩美術大学芸術学科出身、元木下大サーカスのパフォーマーが日本語教師になった!5年間で600万人の観客の前で芸を披露してきたサーカス団員の仕事の流儀、0からはじめる中国語の学習方法、人生の秘訣をコミカルに紹介。全日本中国語スピーチコンテスト東北大会第2位。人民中国雑誌社Panda杯佳作受賞。中国上海復旦大学留学経験あり。