SLE・ループス腎炎

人生初!恐怖のマンモグラフィー

マンモグラフィーに初挑戦!

SLEの治療のため入院して6日目

マンモグラフィーの検査をしました。

マンモグラフィーってマンモスの写真?

ぐらいのミジンコ並みの知識の私ですが

検査を受けてきました。

一言で言えば、機械でおっぱいを

サンドイッチです。

サンドイッチのパンが機械で

中のハムがおっぱいです。

私は順天堂大学病院の人間ドックでやりました。

綺麗なお姉さんが私のおっぱいを機械に挟んで調整します。

「横のお胸も入れていきますねー」

と脇の方に溜まったお肉も引き揚げてくれます。ワコールブラジャーの店員さんかと

思うぐらい鮮やかな手つき。

セットした後は、ローラー手動でさらに

挟み込んで微調整。

そのローラー手動前まではそんなに痛くないのですが、ローラーが回り始めると同時に

いででで!!!

思わず声が漏れます

上下のプレスが終わって、安堵のため息を

つき帰ろうとすると

「はーい今度は左右から機械当てていきますよー」

ひー!ポーズチェンジですか?!

機械をあてるというよりプレスですよね?!

「はいっ息を止めて〜はい!オッケー!」

感覚的な時間は2、3分ぐらい

肌が引っ張られるような感覚と

皮膚の奥の神経がズキズキする感覚

昔、ワニ🐊が大きな口を開けてるおもちゃで

歯を一本づつ抜いていくゲームがあったのを

思い出しました。

どこかのタイミングで手を

ワニさんにガシャーンと挟まれ

ゲームオーバー!

ゲームオーバーから始まるこの格好

なんだか客観視すると不思議な格好。

おっぱいにワニが噛み付いていると思い

やり過ごしました。

でもこれで病気が分かるなら

万々歳ですね!

サンドイッチプレス・おっぱいワニ万歳!

目に涙を溜め、心の中で叫ぶので

ありました。

ABOUT ME
みらくるみらい
多摩美術大学芸術学科出身、元木下大サーカスのパフォーマーが日本語教師になった!5年間で600万人の観客の前で芸を披露してきたサーカス団員の仕事の流儀、0からはじめる中国語の学習方法、人生の秘訣をコミカルに紹介。全日本中国語スピーチコンテスト東北大会第2位。人民中国雑誌社Panda杯佳作受賞。中国上海復旦大学留学経験あり。