木下大サーカス

木下大サーカス引退後にふりかえる団員生活!芸と給料と人間関係

Youtube動画はこちらから!音声のみの聞き流しです〜

人間関係と信頼関係

サーカス5年間の生活を振り返り何が大変だったかというと「人間関係」です。

うわさ話やスキャンダラスな事があれば約20分後には、団員全員が知っています。笑

なのでサーカス生活において1番大切なことは「信頼関係」をいかに築くか、その一言につきると思いました。

私がいた頃は掃除や、自分が頼まれた任務に対して忘れたり不誠実に対応したら同期先輩からめちゃくちゃ白い目で見られました。

共同生活なのでお風呂そうじや、トイレ掃除があります。私は公演が終わり疲れて寝過ごしたことがありました。

同期の女の子が部屋をノックしてくれて、寝ぼけ眼で事態の重さを把握し、おしっこ漏れそうなくらい頭が真っ白になりました。

今でも思いだすと悪夢です。

身の置き場が無いという言葉が1番しっくりくる感じです。

トイレ掃除と伝承芸

たかがトイレ掃除。

されど私の命がかかったトイレ掃除。

奈落の底に突き落とされた感覚に陥りました。

サーカスでは命懸けの危険な芸をします。不誠実な態度は相手を不安にさせます。

もし、トイレそうじも十分にできない不誠実な人に自分の命綱を預けたいとは絶対に思わないでしょう。

なぜなら裏方は舞台に出てないパフォーマーが担当するからです

芸を伝えるということ

そしてサーカスの芸は伝承芸です。

師匠がいて、見込みのある人に教えます。

師匠は不誠実な生徒に自分が命がけで習得した技を、教えたいという気持ちにならないと思います。

そして、実際にお客様の前で披露するまでの練習期間の間に、先輩パフォーマーはじめ音響照明さんにお世話になります。

芸にもよりますが短くて半年〜1年、長いと3年以上かかる場合もあります。

仕事前の早朝や、退勤後に練習をみてもらうのが一般的です。

(お世話になった先輩達には感謝しかないです。(;_;)

芸を教えてもらえないということは、パフォーマーにとっては死活問題。

芸をしてお給料をもらっているので芸の幅が広がらず給料は増えません。

とにかく、バリバリの体育会系の会社なので生活態度はめちゃくちゃ重要です。

なのでその気質に耐えられず、入社後早々に辞めてしまう人も時々いますが

長年勤めている人たちは本当にあったかくて人間的にも、素晴らしい人達ばかりです。義理人情の凝縮された濃厚な人間空間。

心から相手のことを考えて接する生活の中だからこそ、血縁関係を越えたサーカスファミリーという新たな家族が生まれるのかもしれません。

天才カリスマ社長!木下大サーカス木下唯志社長に学んだ魂の言葉 https://www.youtube.com/watch?v=LlBdERdcEe4&t=7s 「一日一死一日一生...
木下サーカス四代記: 年間120万人を魅了する百年企業の光芒